令和3年3月8日

おはようございます。2014年3月8日、クアラルンプール発北京行きの239人乗りマレーシア航空370便が、南シナ海上空で交信を絶ちました。主要部分の残骸は見つからないまま、マレーシア政府は「原因究明は困難」とし、燃料を使い果たして墜落しました。